待望の「ゲノム医療法」に込める当事者の期待

姉を卵巣がんで失い、自身も遺伝性乳がん卵巣がんの遺伝子変異によって乳がんと卵巣がんを経験した太宰牧子さん。遺伝情報による「ゲノム医療」の推進や、差別防止を掲げる法律「ゲノム医療法」が成立しましたが、この法律にかける期待はどんなものなのでしょうか?
岩永直子 2023.07.23
サポートメンバー

最愛の姉を卵巣がんで亡くし、自身も遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の遺伝子変異によって乳がんと卵巣がんを経験してきた太宰牧子さん。

遺伝情報を活用した「ゲノム医療」を推進し、遺伝情報による差別や偏見を防ぐ「ゲノム医療法」が今年6月に成立した。

がん患者会の悲願だった法律の実現に、当事者としてどんな期待をかけているのだろうか?

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6584文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

「さらし者のような報道のあり方を改善して」 当事者や支援者の6団体が大...
誰でも
「次の時代を担う専門家は育っている」尾身茂さんに聞く、5類移行後の日本...
サポートメンバー
「複雑なことを複雑なままに」一般市民やメディアになかなか伝わらなかった...
サポートメンバー
時には怒鳴り合い、不満をぶつけて立ち去ろうとした人も スター選手が揃っ...
サポートメンバー
「危機における政治のリーダーシップが十分には発揮されなかった」 尾身茂...
サポートメンバー
「専門家へのリスペクトが足りない」尾身茂さんがそう政府に苦言を呈したわ...
誰でも
「好きで飲んでいたわけじゃなかった」 初めて家族の問題を人に話せた回復...
誰でも
腹水が溜まり、歩けなくなっても飲み続けた ひとりぼっちの心を埋めて...
誰でも