HPVワクチンをうち逃した世代の学生たちが、世界に接種率の回復を発信

子宮頸がんなどを防ぐHPVワクチンは、無料でうてるにもかかわらず接種率が激減していました。対象者へ接種を促すお知らせが本格的に再開されたのを機に接種率が回復していることを論文として発表したのは、このワクチンをうち逃した世代の学生たちでした。どんな思いを込めたのでしょう?
岩永直子 2023.08.02
読者限定

子宮頸がんなどを防ぐHPVワクチンは、接種後の体調不良をメディアが薬害であるかのようにセンセーショナルに報じたのをきっかけに9年近く接種率が激減していた。

2022年4月から対象者へ個別に接種を促すお知らせが本格的に再開されたこと(積極的勧奨の再開)を機に、接種率が回復していることが論文として発表された。

筆者は、このワクチンをうち逃した「キャッチアップ接種世代」の学生たちだ。どんな思いを込めたのだろうか?

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7361文字あります。
  • 歴史を振り返りつつ、接種率が回復傾向にあることを強調
  • ポジティブに捉えてもらえる発信を
  • 両親が「うたせない」と判断 自身は子宮頸がんやHPVワクチンを何も知らず他人事
  • 大学に入って、キャッチアップで接種
  • 行動経済学の勉強会で知り合う 協力して論文に
  • 情報を受け取る側の心理に配慮した発信を
  • 男子接種にも流れ
  • 当事者が論文で発信する意味

すでに登録された方はこちらからログイン

「さらし者のような報道のあり方を改善して」 当事者や支援者の6団体が大...
誰でも
「次の時代を担う専門家は育っている」尾身茂さんに聞く、5類移行後の日本...
サポートメンバー
「複雑なことを複雑なままに」一般市民やメディアになかなか伝わらなかった...
サポートメンバー
時には怒鳴り合い、不満をぶつけて立ち去ろうとした人も スター選手が揃っ...
サポートメンバー
「危機における政治のリーダーシップが十分には発揮されなかった」 尾身茂...
サポートメンバー
「専門家へのリスペクトが足りない」尾身茂さんがそう政府に苦言を呈したわ...
誰でも
「好きで飲んでいたわけじゃなかった」 初めて家族の問題を人に話せた回復...
誰でも
腹水が溜まり、歩けなくなっても飲み続けた ひとりぼっちの心を埋めて...
誰でも