世間や政治家の無関心とがん患者たちの切望と ゲノム医療法が日本に必要なわけ

ゲノム医療に関する不定期連載。今回は全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介さんに、遺伝情報の医療への活用を促進し、遺伝情報による差別を防ぐゲノム医療法が設立した意義について聞きました。
岩永直子 2023.09.28
サポートメンバー限定

6月に可決・成立したゲノム医療法。遺伝情報の医療への活用を促進し、遺伝情報による差別を防ぐこの法律の成立は、がん患者たちにとっての悲願でもありました。

この法案成立のために活動してきた全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介さんに、成立までの苦労と、この法律に込める期待を聞きました。

ゲノム医療法に期待をかける全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介さん

ゲノム医療法に期待をかける全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介さん

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、8062文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
独立日記・6 新聞・ネットメディアと渡り歩いて見えた風景
誰でも
「明るい病人がいてもいいじゃないか」 ある日突然、難病と診断された私が...
誰でも
ダルク入所者の薬物使用 その逮捕、報道は適切か?
誰でも
ALS患者に「時間稼ぎですか?」は「強度の誹謗中傷」 不十分な介護時間...
サポートメンバー限定
女性の接種率が伸び悩むHPVワクチン 「日本の特殊な経緯を踏まえて判断...
サポートメンバー限定
HPVワクチン、男子が接種したくても情報がなかなかない現実 
誰でも
厚労省に疑問をぶつけてみた HPVワクチン男性接種の費用対効果分析
誰でも
HPVワクチン、男性定期接種化の費用対効果が悪いって本当? なぜか悪く...