「健常者と同じシアターで映画を見られないのはなぜ?」 車いすの映画ファンがイオンシネマと話し合って切り拓いた未来

車いすを使う映画ファンの女性が映画館のスタッフに車いすを担ぎ上げてもらって座席が特別なシアターで映画を見たところ、映画館の社員に「今後は別のシアターで見てもらった方が互いに気持ちが良い」と言われてショックを受けました。その後、劇場側と話し合い、どんな進展があったのでしょうか?
岩永直子 2024.03.30
サポートメンバー限定

車いすを使う映画ファン、中嶋涼子さん(37)が3月15日、イオンシネマの特別なシアターで映画を見たところ、終映後、映画館の社員に「今後は別の劇場で見てもらえるとお互いいい気分でいられる」と来場を拒否するような言葉をかけられた。

ショックを受けた中嶋さんがこの経験をXで投稿すると、「人に迷惑をかけるな」など中嶋さんへの批判や、「来場拒絶は障害者差別解消法に抵触する」など劇場側への批判が巻き起こった。

イオンシネマ側は謝罪文を公表し、その後、イオンシネマ側が中嶋さんの自宅に謝罪に訪れ今後の対応を話し合った。どんな進展があったのだろうか?

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6337文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
HPVワクチンのキャッチアップ接種に大学が力を入れる理由
サポートメンバー限定
「日本は世界に10年遅れた議論をしている」 HPV研究者が批判する日本...
サポートメンバー限定
独立日記・6 新聞・ネットメディアと渡り歩いて見えた風景
誰でも
「明るい病人がいてもいいじゃないか」 ある日突然、難病と診断された私が...
誰でも
ダルク入所者の薬物使用 その逮捕、報道は適切か?
誰でも
ALS患者に「時間稼ぎですか?」は「強度の誹謗中傷」 不十分な介護時間...
サポートメンバー限定
女性の接種率が伸び悩むHPVワクチン 「日本の特殊な経緯を踏まえて判断...
サポートメンバー限定
HPVワクチン、男子が接種したくても情報がなかなかない現実