「健常者と同じシアターで映画を見られないのはなぜ?」 車いすの映画ファンがイオンシネマと話し合って切り拓いた未来

車いすを使う映画ファンの女性が映画館のスタッフに車いすを担ぎ上げてもらって座席が特別なシアターで映画を見たところ、映画館の社員に「今後は別のシアターで見てもらった方が互いに気持ちが良い」と言われてショックを受けました。その後、劇場側と話し合い、どんな進展があったのでしょうか?
岩永直子 2024.03.30
サポートメンバー限定

車いすを使う映画ファン、中嶋涼子さん(37)が3月15日、イオンシネマの特別なシアターで映画を見たところ、終映後、映画館の社員に「今後は別の劇場で見てもらえるとお互いいい気分でいられる」と来場を拒否するような言葉をかけられた。

ショックを受けた中嶋さんがこの経験をXで投稿すると、「人に迷惑をかけるな」など中嶋さんへの批判や、「来場拒絶は障害者差別解消法に抵触する」など劇場側への批判が巻き起こった。

イオンシネマ側は謝罪文を公表し、その後、イオンシネマ側が中嶋さんの自宅に謝罪に訪れ今後の対応を話し合った。どんな進展があったのだろうか?

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6337文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
HPVワクチン、男性定期接種化の費用対効果が悪いって本当? なぜか悪く...
誰でも
麻疹で「感染して免疫をつければいい」は実弾を込めた銃でのロシアンルーレ...
誰でも
ふるさと住民票、標準仕様の情報システム....広域避難が必要な震災に必...
誰でも
東日本大震災の原発事故による避難 帰還が遅れている地域で新たに生まれて...
サポートメンバー限定
独立日記5・私の仕事環境
サポートメンバー限定
お茶の間は消えた 緩和ケア医がこの数年で感じる患者と家族の変化
誰でも
HPVワクチンの累積接種割合は21.6%に留まる  国は正確なデータを...
誰でも
子供に対する性加害、どうやって防ぐ?