日本医学ジャーナリスト協会が、協会賞のプレスリリースでHPVワクチンに反対するサイトを肯定的に紹介

日本医学ジャーナリスト協会が、2023年度の協会賞を発表するプレスリリースで、HPVワクチンに反対するサイトを肯定的に紹介していたことがわかりました。選考委員長はHPVワクチンに反対する発信を繰り返しており、同協会の会長は「組織と選考委員長の見解は一体ではない」と釈明しています。
岩永直子 2024.01.25
サポートメンバー限定

医学ジャーナリストが集まるNPO法人「日本医学ジャーナリスト協会」が優れた報道作品に対して贈る2023年度の協会賞のプレスリリースで、HPVワクチンによる副反応被害を訴え、接種に反対するサイトを肯定的に紹介していたことがわかった。

選考委員長で同協会理事でもあり、元朝日新聞論説委員の大熊由紀子氏が「選考委員長からのご報告」として、受賞作品とは別に特別に紹介していた。

HPVワクチンについては不安を煽る報道で接種率が激減した影響が今も尾を引きずっている。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3852文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
お茶の間は消えた 緩和ケア医がこの数年で感じる患者と家族の変化
誰でも
HPVワクチンの累積接種割合は21.6%に留まる  国は正確なデータを...
誰でも
子供に対する性加害、どうやって防ぐ?
誰でも
ジャニーズの被害者は、なぜ性加害したジャニー喜多川氏を「好きだ」と言う...
誰でも
依存症専門のオンラインメディア「Addiction Report」の発...
誰でも
能登半島地震や羽田空港の衝突事故などに触れて苦しい思いをしている人へ、...
誰でも
能登半島地震の支援に入る保健・医療従事者へ すぐに役立つ情報を無料公開...
誰でも
読者の皆様に支えられた1年でした。ありがとうございました。