お茶の間は消えた 緩和ケア医がこの数年で感じる患者と家族の変化

新型コロナウイルスの流行でたびたび制限されてきた病院の面会。在宅と病院で患者を診ている緩和ケア医の新城拓也さんは制限が解除されても家族が戻ってこないのを感じていると言います。この数年で何が変わったのでしょうか?
岩永直子 2024.02.23
サポートメンバー限定

新型コロナウイルスの流行が始まって、病院で面会が制限されることに患者も医療者も悩んできた。

タイムリミットがある終末期の患者は特にそうだ。

だが、神戸市の緩和ケア医、新城拓也さんは最近、患者や家族の心境の変化に気づいて考え方が変わってきているという。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5785文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
HPVワクチン、男性定期接種化の費用対効果が悪いって本当? なぜか悪く...
サポートメンバー限定
「健常者と同じシアターで映画を見られないのはなぜ?」 車いすの映画ファ...
誰でも
麻疹で「感染して免疫をつければいい」は実弾を込めた銃でのロシアンルーレ...
誰でも
ふるさと住民票、標準仕様の情報システム....広域避難が必要な震災に必...
誰でも
東日本大震災の原発事故による避難 帰還が遅れている地域で新たに生まれて...
サポートメンバー限定
独立日記5・私の仕事環境
誰でも
HPVワクチンの累積接種割合は21.6%に留まる  国は正確なデータを...
誰でも
子供に対する性加害、どうやって防ぐ?