「お子さんいなくて良かったわね」「健康な乳房を取るなんて......」社会の理解を広げるために遺伝性乳がん卵巣がんの患者会を設立

卵巣がんで姉を失った3年後、自身が乳がんを発症し、遺伝性乳がん卵巣がんの遺伝子変異があることが判明した太宰牧子さん。社会の無理解や偏見に対して、患者会を設立します。4回連載の2回目です。
岩永直子 2023.07.16
サポートメンバー限定

卵巣がんで姉(享年40)を失った約3年後、42歳で乳がんを発症し、「遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)※」のBRCA1遺伝子変異があることがわかった太宰牧子さん。

患者会代表として、学会やシンポジウム、イベントなどに積極的に登壇している。                                                                                       (撮影:YO TSUTSUURA)

患者会代表として、学会やシンポジウム、イベントなどに積極的に登壇している。                                                                                       (撮影:YO TSUTSUURA)

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5969文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

誰でも
近所の飲み友達と「孤独死防止条例」を締結 雨宮処凛さんが自身の「終活」...
誰でも
お金、病気、親の介護——。将来に不安を抱えるすべての人へ「死なないノウ...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンで訂正通知を発出 保健体育課長「誤った内容を通知...
誰でも
埼玉県が学校長に向けたHPVワクチンの通知を撤回・訂正する決定 「情報...
誰でも
これから始まる大きな流行 緩和後の日本でどんな対策ができる?
誰でも
新しい亜系統「KP.3」に置き換わり、新型コロナ急増中 データと独自の...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンとの因果関係が認められていない症状を「起こり得る...
サポートメンバー限定
WHO、新型コロナ、やんちゃな心で困難を突破 回り道に光あり・尾身茂さ...