「日本は世界に10年遅れた議論をしている」 HPV研究者が批判する日本の男性定期接種化見送り

男性接種が当面見送られたHPVワクチン。ヒトパピローマウイルスの研究者で、国際パピローマウイルス学会の理事を務めるケンブリッジ大学の研究者、江川長靖先生に日本の議論をどう見ているのか、聞きました。
岩永直子 2024.05.28
サポートメンバー限定

子宮頸がんや肛門がん、中咽頭がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン。

日本では男性の定期接種化がいったん見送られたが、世界ではHPVワクチンの予防接種プログラムを持つ144か国中、76か国(53%)で男女問わず定期接種化されている。

海外での議論はどうだったのか。そして日本の議論は国際的にはどう見えるのか?

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、8719文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

誰でも
近所の飲み友達と「孤独死防止条例」を締結 雨宮処凛さんが自身の「終活」...
誰でも
お金、病気、親の介護——。将来に不安を抱えるすべての人へ「死なないノウ...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンで訂正通知を発出 保健体育課長「誤った内容を通知...
誰でも
埼玉県が学校長に向けたHPVワクチンの通知を撤回・訂正する決定 「情報...
誰でも
これから始まる大きな流行 緩和後の日本でどんな対策ができる?
誰でも
新しい亜系統「KP.3」に置き換わり、新型コロナ急増中 データと独自の...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンとの因果関係が認められていない症状を「起こり得る...
サポートメンバー限定
WHO、新型コロナ、やんちゃな心で困難を突破 回り道に光あり・尾身茂さ...