憧れのアメリカ留学で知った「公に奉仕する」意味 回り道に光あり・尾身茂さん(前編)

WHOでポリオ撲滅、SARS制圧などを率い、コロナ禍では専門家組織のリーダーを務めた尾身茂さん。元々外交官を目指していました。何がきっかけで道を変えたのでしょう?
岩永直子 2024.06.25
サポートメンバー限定

WHOでポリオ撲滅、SARS制圧などを率い、コロナ禍では国に対策を提言する専門家組織のリーダーを務めた尾身茂さん(74)。

高校時代のアメリカ留学が世界に目を向けるきっかけになり、若い頃は外交官を目指していました。何をきっかけに道を変えたのでしょう?

前後編の前編です。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4879文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

誰でも
近所の飲み友達と「孤独死防止条例」を締結 雨宮処凛さんが自身の「終活」...
誰でも
お金、病気、親の介護——。将来に不安を抱えるすべての人へ「死なないノウ...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンで訂正通知を発出 保健体育課長「誤った内容を通知...
誰でも
埼玉県が学校長に向けたHPVワクチンの通知を撤回・訂正する決定 「情報...
誰でも
これから始まる大きな流行 緩和後の日本でどんな対策ができる?
誰でも
新しい亜系統「KP.3」に置き換わり、新型コロナ急増中 データと独自の...
誰でも
埼玉県がHPVワクチンとの因果関係が認められていない症状を「起こり得る...
サポートメンバー限定
WHO、新型コロナ、やんちゃな心で困難を突破 回り道に光あり・尾身茂さ...